こんにちは。
厚木市で相続手続支援をしている、税理士・相続手続相談士の小川正人です。

相続の際に必要な戸籍集めや口座解約、各種名義変更をお手伝いさせていただいております。

 


 

手軽に作成できる「自筆証書遺言」は利用者の多い遺言書です。ただしその反面、書き間違いで無効になるケースも多いと言えます。

時間をかけて作った遺言書を無駄にしないためにも、作成の際には要件を守らなくてはなりません。

 

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は一般的な遺言書である普通方式遺言の一種です。
 

  • 紙とペンがあればすぐに作成できる
  • 手数料などの費用がかからない

の点から、最も手軽に作れる遺言書です。
 

ただし、その反面、

  • 書き間違いが多く無効になるリスクが高い
  • 原本の保管を遺言者自身で行うので、紛失するリスクも高い

といったデメリットもあります。
 

なお、自筆証書遺言書は、相続が始まると家庭裁判所で「検認」しなければなりません。

検認とは、他の相続人に遺言の存在や記載内容を通知することと、偽造や変造がないか確認するための手続きです。(遺言者が有効か無効かを審査するものではありません。)
 

検認前に開封してしまうと5万円以下の過料が課されるので注意してください。

 

自筆証書遺言の要件

自筆証書遺言を有効とするには

  • 本文を自筆で記入(財産目録はパソコンで作成可能)
  • 日付を入れる
  • 署名・押印がしてある

の要件を満たします。

もし、どれか一つでも抜けてしまえば無効になります。
 

また内容においても

  • 第三者が見て内容がわかる
  • 曖昧な書き方をしない
  • 遺言書の効力の範囲外の事項を書かない

という点に注意して記入しましょう。
 

記入にあたって用いる筆記具等はペンでも筆でも良いですが、長期保管を考慮して、紙は高品質・高耐久、筆記具については消えにくいインクのものを選びましょう

 

作成方法の流れ

(1)所有財産の把握

 
まず、遺言書を書く前に、自身の所有財産について把握しておきます

遺言書に記す財産内容と実際に相続で取得する財産が違うと、分割もスムーズに行きません。
 

しっかりと把握したら、財産目録を作っておきます。

 

(2)財産特定の資料準備

 
相続人が財産を把握できるように、財産特定が可能な資料を準備します。

土地の場合は登記簿、預貯金なら支店名や口座番号を記載して、誰が見てもわかるようにしておきましょう。

 

(3)財産の配分内容を決める

 
相続開始時に法定相続人となる人を確認し、配分内容を決めます

被相続人の配偶者は必ず法定相続人になり、そのほかは子供、両親、兄弟姉妹と順位にしたがって、法定相続人となります。
 

気をつけたいのは、各相続人の遺留分です。

遺留分とは、法定相続人が最低限の財産を取得できる権利で、遺言書の効力でも侵害できません
 

侵害するような内容にしてしまうと、相続手続きでの手間を増やす他、相続人同士の対立を引き起こしてしまいます

十分に注意しましょう。
 

配分内容を決めたら、分割が円滑に進むように遺言執行者を決めることも重要です。

 

(4)遺言書の作成

 
本文は必ず自筆で書きます。
 

  • 日付は年月日で書く
  • 誰が見ても読めるように明瞭な字体で書く
  • 財産の特定は資料に基づいて正確に記入する
  • 氏名は戸籍に記されている正確な漢字で書く

上記の点に気をつけて記入してください。

 

(5)遺言書を封筒に入れて封印する

 
封をするのは法律上の要件ではないのですが、内容を改ざんされないためにもやっておきましょう
 

封筒には遺言書が入っていることと、作成者の名前を書いておきましょう。

「検認を終えるまで封を開かないこと」というメモも添えれば、誤って封をきられることもありません。

 

自筆証書遺言の保管制度

自筆証書遺言の保管制度が2020年の7月より実施されています。

同制度は、法務局で遺言書の原本を保管できるので、紛失はもちろん偽造・変造のリスクも軽減でき、相続開始時に検認を受けなくても良くなります
 

相続人としても、遺言者の死亡後に原本の照会や、閲覧請求が容易にできるので大変便利です。

自筆証書遺言を作成する場合には、是非覚えておきましょう。

 

まとめ

繰り返しとなりますが、自筆証書遺言は手軽に作成できる反面、書き間違いで無効になるケースの多い遺言書です。

時間をかけて作った遺言書が無駄にならないよう、要件をしっかり守って作成してください。

 

 


 
相続の手続きでお困りのことがございましたら、相続手続の専門家・相続手続相談士のいるステップアップ税理士事務所までお気軽にご連絡ください。

行政書士 、司法書士、弁護士、不動産鑑定士との強いネットワークを活かして、あなたの相続の悩みをサポートいたします。

まずはお気軽に初回無料相談をご利用ください。

■お問い合わせフォームから今すぐ初回無料相談をしたい方→こちらをクリック

■お電話で今すぐ初回無料相談をしたい方→046-297-0055(受付時間:平日9:00~17:00)