こんにちは。
厚木市で相続手続支援をしている、税理士・相続手続相談士の小川正人です。

相続の際に必要な戸籍集めや口座解約、各種名義変更をお手伝いさせていただいております。

 


 

昨年2020年の7月より実施されている「自筆証書遺言の保管制度」は、法務局で遺言書を保管してもらえる制度です。

前回のコラムでは、同制度の概要やメリット・デメリットについて述べましたが、本コラムでは手続きの流れについて解説いたします。
 

★参考記事:法務局が行う自筆証書遺言書の保管制度について

 

申請の手順

(1)遺言書を作成する

 
保管制度では、自筆証書遺言書のみ保管可能です。

そのため、自筆証書遺言書の形式ルールに従って遺言書を作成しましょう。
 

なお、法務省令で定める様式では通常の作成要件に加えて、

  • A4用紙を使って作成
  • 用紙の上下左右に一定の余白を設ける
  • ページをホッチキス止めしたりしない
  • 複数ページになる場合はページ番号を記載
  • 片面記載であること
  • 封筒は不要で、封をしない

などの要件があります。

様式は担当の事務官によってチェックされますが、スムーズに手続きを進めるためにも、注意して作成しましょう。
 

自筆証書遺言の通常要件は以下を参照してください。

★参考記事:自筆証書遺言の書き方を解説

 

(2)管轄の法務局を調べる

 
申請を行う法務局は以下の三つより選択します。

  • 遺言者の住所地を管轄する法務局
  • 遺言者の本籍地を管轄する法務局
  • 遺言者が所有する不動産の所在地を管轄する法務局

 
全国の法務局が遺言書の保管をしているわけではありません

手続き可能かどうか、事前に調べておきましょう。
 

★参考:法務省HP 遺言書保管所一覧

 

(3)必要書類を準備

 

  • 自筆証書遺言原本
  • 保管申請書
  • 住民票(本籍の記載があって3ヶ月以内に発行したもの)
  • 本人確認書類(免許証など写真付き公的身分証)
  • 手数料(3,900円の収入印紙)

 
保管申請書は法務省のHPよりダウンロードできるので、必要事項を記入して作成しましょう。

手書きでも良いですが、パソコンから入力もできます。
 

★参考:法務省HP 自筆証書遺言書保管制度で使用する申請書等

 

(4)申請の予約をする

 
申請には必ず予約が必要です。

法務局の手続案内予約サービスの専用HPを利用するか、申請する法務局へ電話をしましょう。
 

★参考:法務局手続案内予約サービス

 

(5)申請を行う

 
予約した日程で法務局へ行き、手続きをします。

代理申請はできません
 

手数料は収入印紙を手数料納付用紙に貼って提出します。

法務局の多くは印紙売り場を設けているので、購入を忘れても大丈夫です。
 

申請は即日処理となるので、不備がなければ、当日に遺言書の保管証が交付されます。

保管証には、遺言者氏名・出生年月日・遺言書保管所の名称・保管番号が記載されていますので、持ち帰って保管しましょう。

 

申請後の原本閲覧は遺言者のみ

保管された遺言書は、相続開始まで遺言者しか閲覧不可です。

閲覧は法務局内だけとなるので、通うのが難しい場合は、申請前にコピーをとりましょう。
 

ただし、遺言内容を家族などに見られたくない場合はやめておきましょう。

 

保管申請の撤回

預けてある遺言書を撤回したい場合は、再び遺言書保管所にて手続きを行います。

手続きが済めば、遺言書は返還されます。
 

なお、遺言書の保管中に遺言者の住所・氏名・本籍に変更が生じた場合は、届出が必須です。

届出は、どこの法務局でも可能で、郵送もできます。

 

まとめ

自筆証書遺言の保管制度の手続きは遺言者本人が直接、遺言書保管所にて行います。

また、申請できる遺言書保管所は決まっている、通常のものより遺言書の作成要件が増えるなど、細かい注意点があるので、気をつけましょう。

 

 


 
相続の手続きでお困りのことがございましたら、相続手続の専門家・相続手続相談士のいるステップアップ税理士事務所までお気軽にご連絡ください。

行政書士 、司法書士、弁護士、不動産鑑定士との強いネットワークを活かして、あなたの相続の悩みをサポートいたします。

まずはお気軽に初回無料相談をご利用ください。

■お問い合わせフォームから今すぐ初回無料相談をしたい方→こちらをクリック

■お電話で今すぐ初回無料相談をしたい方→046-297-0055(受付時間:平日9:00~17:00)